低温粉砕の特長 Feature of cryogenic powdering

低温(冷凍・凍結)粉砕とは

物質には、ある温度以下になると急激に脆くなる性質があり、これを「低温脆性」といいます。この性質を利用すると、常温では粉砕しにくいゴムやプラスチック類なども粉砕できます。液体窒素の-196℃の極低温を利用した「低温粉砕」は、「冷凍粉砕」、「凍結粉砕」ともいわれています。この技術で生まれた各種の高品質パウダーは、いろいろな用途に使用されています。

冷熱実験の様子

特長

1

流動性に優れる

粉砕製品は粒子表面が滑らかで、流動性に優れるため、粉の扱いが容易です。
(右図参照)

2

熱による変質がない

凍結状態で粉砕するため、粉砕熱による製品の変質・劣化がありません。
食品の場合、成分・香り・風味・色合いが損なわれません。

3

酸化しない

窒素雰囲気のもとで粉砕するため、製品の酸化を防止する効果があります。

4

低融点物質や油分、水分を含んだものでも粉砕可能

凍結状態で粉砕するため、低融点物質や油分、水分を含んだものでも
粉砕できます。

流動性(良)

流動性(悪)

低温粉砕と常温粉砕の違い

物質の破壊様式は延性破壊と脆性破壊に区別され、低温粉砕品は脆性破壊(岩石を砕いたとき)形状、常温粉砕品は延性破壊(塑性変形からのくびれが細くなる)形状を呈することが多くなります。また、同じものを粉砕した場合、単位時間当たりの生産量は、低温粉砕の方が多くなります。

低温粉砕品の形状

常温粉砕品の形状

Page top

お問い合わせ TEL:052-603-1219 お気軽にお問い合わせください。

メールはこちら